V6と嵐を愛でる自由気ままな美雨のblog♪
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
本当の兄貴
web拍手 by FC2
JUGEMテーマ:


GWで体調を崩してしまいました、美雨です。。。

大分体調は元通りになったんですけど、まだ喉が痛いです><


そんな中でも松兄がゲストで登場したしやがれでは発狂していました(爆)


久々に感想書きま〜す!!!!!


遅くなったけれど、よろしければどうぞ^^
・待望の登場に後輩5人が大はしゃぎ^^
「ほらー、キター」
・登場の仕方が兄貴ッス、松兄顔
・松兄のモノマネをする大野さんにちゃっかりサングラスを貸す兄貴
 なんやかんや言ってもね〜(なんだよ)
・しっかり特徴を捉えてる大野さん
 歩き姿、めちゃくちゃ似てます!!
「今日で俺、芸能界引退かも」えっ?どこまで喋ってくれるんですか?
「だってこの前のしゃべくりでも喋ってたも〜ん」
 好きな番組だもんね^^
・翔潤しか敬語を使わない事について……
 否定したのは二宮さんだけでよろしいですか?(笑)
 2人はやっぱり確信犯なんだね^^
・W松本で飲みにいった話について
 熱い2人だからきっと熱いトークで盛り上がったんじゃないかな?って勝手に思ってます。。。
「まぐろ事件」www
 やっぱり大野さんの話の時は表情が緩む松兄
 口真似とかやっぱり似てるねundefined
・凄いなって思う人を聞かれて即答で「坂本昌行」と答える松兄
 しゃべくりでも言ってましたよね顔
 「何でも出来るじゃん」と答える松兄が本当に輝いてい見えた
 松兄の坂本さんモノマネに全力で否定する5人^^
 嬉しいような悲しいような……誰か一人ぐらい「似てる!」って言ってくれれば嬉しいんだけど(爆)
 松兄が拡張?した様な坂本さんの「好きだって言えよ〜」は事実です(笑)
 TVの前でお腹抱えて笑いました^^

・相葉さんのターンからの松兄のターンww
 何気に4回転じゃないですか驚き


・ジャニーズクイズいっつも正解率低いですよね><特にTOKIO問題苦笑
・長瀬君のタンバリン問題はいいとして………
 次のイントロドンが(爆)
「ドクター」と答える二宮さん。。。
 違和感を覚えて調べたら、二宮さん、“ドクター”じゃなくて“ディーアール”ですよ汗
「答えなきゃいけない人間がいる」
 「ああ、そうか……」と言いながら答えちゃう末っ子^^
 「天近」の曲だって事は私も忘れてました汗
・坂本君の実家クイズ(笑)
 MCではネタの的でしたからねww
 松兄が話す長野君の配達話も面白かった笑顔
・最終問題、Vのイントロドンではめちゃくちゃ解答率が良い点について(爆)
 まあ、バックで踊ってたから、答えられなきゃ困るんですけどね苦笑
・年長コンビで華麗なる“うわさのキッス”赤いハート
 やっぱりミュージカル仕立て^^
 ちょっと呆れ顔の松兄も素敵です

・大野さんVS松兄の料理対決
 確か、前に大野さん親子丼や天丼を作ったって話してませんでしたっけ?
 (結構前になるけど)
・ちょいちょい大野さんの事が気になる英明さん^^
 番宣そっちのけで大野さんに構ってます赤いハート
・ちょいちょい大野さんに構う末っ子^^
 なんだか、この姿にほっこりしちゃいました


・“男の嵐をみせやがれ”なのに、最後はあやとり(ブハッ)
・真っ先に紫を取った松兄が素敵です><
・一同びっくりする“盃”
・やっぱり手先が器用な大野さんの隣で苦戦している翔くん笑顔
 「大丈夫だよ〜置いてかないよ〜」の声に癒されます
「みんながやりたい橋!!!!」
 皆やりたかったんだね(笑)
 従姉妹と仲良くあやとりする相葉ちゃんが微笑ましい^^
 その両隣で苦戦している2人も微笑ましい^^
「何かこう、おまじないみたいなやつなかったですか」

 おまじない(ブハッ)なんつー、乙女なんですか、松本さん癒し

・相葉さんと仲良くあやとりする松兄が本当に兄貴っていうかって感じで好きですハート
・そして、その間に挟まって、自分もやりたくてウズウズしている末っ子が可愛らしくてたまりませんダブルハート



来週は大好きな俳優・蔵之介さんですね^^
嬉しくて嬉しくて堪りません><
次回も急ピッチで感想書きます(多分)
| 19:47 | ☆嵐・テレビ☆ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://va070218.jugem.jp/trackback/31